宇宙開発事業にも使われる日本の町工場の最先端技術

宇宙開発事業のことを知っておこう

宇宙開発事業とは何なのか

ロケットに関することを勉強する

最も良い打ち上げのタイミングを把握するために、宇宙開発事業では専用のシステムを使っています。
速度や時間を計算して答えを導き出す必要がありますが、複雑な計算なので間違ってしまうことが考えられます。
日本の向上はシステムを開発することも担当しているので、宇宙開発事業に大きく貢献しています。
海外の方がロケットの開発や打ち上げに力を入れているイメージが大きいですが、日本はシステムなどのサポート面できちんと関わっています。
日本が作ったシステムが、最も正確に計算できるので現場では好まれています。
またロケットを打ち上げる施設のメンテナンスなども担当しているので、日本の工場は宇宙開発事業に欠かせない存在だと言えます。


開発に必要な費用とは

これまで、10種類以上のロケットの打ち上げに貢献していました。
ロケットを作るためには、莫大な費用が必要になります。
ほとんどのロケットを作るためには、4億から5億程度の費用が必要になっています。
これは、ロケットを作るためだけに必要な金額だと言われています。
実際に打ち上げるためには、施設を整えなくてはいけないのでもっと大きな金額が必要になります。
全部を合計すると、100億円程度にはなるでしょう。
それだけを聞くとかなり高額に聴こえますが、なんとこれは安いぐらいだと言われています。
海外では、1兆円を越える金額になっていることもたくさんあるので、宇宙開発事業にはみなさんの予想する通り、非常に高額な資金が必要です。